お菓子歳時記

四季折々のお菓子

金精軒 > 四季折々のお菓子

昔ながらの、旬の素材を活かしたお菓子をご紹介します。

一月のお菓子

初旬

七草饅頭、赤飯饅頭、柚子かん、柚子名水、柚子饅頭、豆餅、花びら餅、開運がらがら

中旬

うぐいす餅、草餅、節分がらがら煎餅

下旬

織部饅頭、和トリュフ

二月のお菓子

初旬

桜餅、桜饅頭、桜一枚流し

中旬

酒饅頭、招福ひなあられ

三月のお菓子

中旬

お彼岸おはぎ

四月のお菓子

中旬

若鮎、カーネーション、柏餅

五月のお菓子

初旬

水無月のお菓子、水羊羹

六月のお菓子

中旬

笹葛、おふまんじゅう

下旬

竹筒羊羹、あんどうふピュール

七月のお菓子

初旬

土用餅

八月のお菓子

中旬

安倍川餅、柿一枚流し、わらび餅

下旬

芋ようかん、菊、麦こがし

九月のお菓子

下旬

おはぎ、お月見団子(十五夜)

十月のお菓子

初旬

新米団子

中旬

栗金団、柚子一枚流し、柚子名水饅頭、柚子饅頭

下旬

お月見(十三夜)

十一月のお菓子

亥の子餅

十二月のお菓子

初旬

豆餅

中旬

花びら餅、お供え餅、新年用上生菓子、開運がらがら煎餅

ページ上部へ戻る