新着情報

新着情報

今年は桜餅生誕300周年!

2017年 4月 5日 カテゴリ: 新着情報

 

暖かくなり桜の美しい季節になりました。

また、春のお菓子として古くから親しまれている桜餅の季節でもあります。

 

そんな桜餅、実は今年で生誕300周年!

レシピがいつ誕生したのか、誰が作ったのか、

それらの情報がいまでも伝わっているお菓子というのはとても珍しいです。

 

そんな桜餅ですが、二種類あることをご存知でしょうか?

桜餅には関西風と関東風があり、

全国で気軽に食べられる桜餅の殆どは関西風なんです。

金精軒で普段作っている桜餅も関西風です。

 

170322047

 

 

そして次が関東風

もち米の粉を生地に入れて焼いた

もちもちとしたクレープのような食感が楽しめる桜餅です。

こちらが桜餅の元祖になります。

 

170322039

 

 

金精軒ではそんな桜餅の歴史を噛みしめるため、

また桜餅を考案した菓子職人さんに敬意を表するため、

このどちらも作ることにしました。

 

関東風の桜餅は手間がかかるため土日にだけ製造しています。

5月7日まで販売しておりますので、

運良く焼いているところに出くわした方は是非お手に取ってみてください。

 

IMG_0716

 

お近くに金精軒がない方も

どうぞお近くのお菓子屋さんで関東風の桜餅を探してみてください。

300年前の職人さんありがとう!!

新商品「甲州金饅頭」を発売してします

2017年 4月 5日 カテゴリ: 新着情報

 

金精軒製菓から新しいおもたせのご提案をさせていただきます。

 

山梨の県庁所在地である甲府を盛り上げる為に発足された

「首都圏甲府会」さんからの御縁があり、

今回のお菓子の発売に至りました。

 

菓名は「甲州金饅頭」です。

 

170329080  

 

 

■甲州と金にどんな関係があるの?

あまり知られていませんが、

山梨県は日本において「貨幣」を使いやすく発展させ

流通で使うための基礎が作られた場所です。

 

武田信玄のお陰で物々交換しかできなかった庶民も

貨幣を使って商業を行えるようになり

山梨の商業は大きく発展しました。

 

そんな山梨の歴史を受けて作られたお菓子が

甲州金饅頭です。

 

 

■「甲州金饅頭」はどんなお菓子?

このお饅頭は焼き菓子です。

甲州の名を冠するに相応しい材料を選び抜き、

味、素材、そして甲州金の歴史を感じられるようなお菓子に仕上げてあります。

 

1703281115

 

 

【餡子】

北杜市内で採れたサツマイモ「あけの金時」を使った芋餡です。

あけの金時は繊維が少なく舌触りのとても良いため

既存のお芋にはない繊細な味わいのある餡子になっています。

 

 

【皮】

小麦粉を焼いた生地が皮になっています。

この黒い皮には山梨県南部町で作られた竹炭と

清里高原で採れた牛乳が入っています。

 

黒い見た目にも関わらずミルクの風味が感じられる

不思議な味わいです。

 

 

【金箔】

金饅頭の上に乗っているのは本物の金箔です。

ひとつひとつ手ではっています。

 

1703281037

 

 

【装い】

見た目もおもたせに相応しくするべく

お箱も特別な物をご用意いたしました。

「甲州印伝の山本」さんにデザインをしていただいた

印伝柄の特注化粧箱です。

 

 

印伝柄元

 

【販売先】

6個入1750円で

金精軒台ケ原店、韮崎店の二店舗の他、

甲府市内の取扱店で販売予定です。

詳しい販売先は、4月20日までに更新されますのでお待ちください。

 

ページ上部へ戻る