金精軒のお菓子

大吟醸粕てら

「美食の王様」来栖けいが大絶賛!!
三百年積み上げた醸造技術による大吟醸酒の酒粕を使った今までにない全くない「大吟醸粕てら」 大吟醸の豊かな風味を閉じ込めた大吟醸粕てら 「七賢」醸造元山梨銘醸株式会社

 

甲州台ヶ原宿は山梨県甲府市と長野県諏訪市の中程に位置し、 古来より交通の要所として栄えて参りました。現在は僅かに往事の面影を残すのみですが日本銘水百選及び日本の道百選に選ばれて、清浄な水とその風景は今も守られております。
小社の向かいに位置する清酒「七賢」醸造元山梨銘醸株式会社では、 毎年大寒をはさんで伝統技法による酒の仕込みを行なっております。
その中でも大吟醸酒は選りすぐった贅沢な原料と三百年になんなんとする積み重ねられた醸造技術により限定醸造されております。
その副産物として酒粕は、自然の流下(ドリップ式)によって搾られるため、通常の酒粕とは違って 生のどぶろく状態で残ります。
小社ではその酒粕を活用し、カステラ状に焼き上げましたところ、 今までに全く無い味が生まれました。
小社の大自信作です。

日本酒の香りを引き立たせるため、卵白だけで焼き上げています。そのため本当に真っ白です。

カステラといえば黄色くてパサパサとしたイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、大吟醸粕てらは真っ白。日本酒の香りを引き立たせるため卵白だけで焼き上げています。そのため本当に真っ白です。

メレンゲにした卵白はとても繊細で、その日の気温や湿度により焼き上がりに大きく影響します。焼き上がりの白さ、フワフワ感、しっとりとしたフロマージュのような食感、開封したときの大吟醸酒特有のフールーティーな香り、すべてが最高の1本に焼きあがるよう細心の注意を払いながら、丁寧に焼き上げました。

本当に柔らかいですので、カステラを包む紙はゆっくりとおはがしください。冷やしていただくと一層おいしさが引き立ちます。

 

限定醸造に伴う限定生産ですので、品切のさいはご容赦いただきたく存じます。

 

  

ページ上部へ戻る