新着情報

新着情報

山梨で漆が採れました!

2019年 7月 3日 カテゴリ: 新着情報

以前、和菓子屋なのに薪の販売についてお知らせした金精軒が
今回は、町内の山で採取された漆についてお知らせいたします!

いきなり薪の話をされ、首を傾げている方は
是非、下の記事をご覧ください。

美味しいお菓子の材料を手に入れるため里山の保全活動を行っている金精軒が
なんと山の中で成熟した漆の林を見つけたところから話は始まります。

漆器などに使われる漆ですが
殆どが海外産なのを皆さんはご存知でしょうか?
安く手に入る海外の漆を全国で使い続けた結果、
国産物はほぼ全滅してしまったのです。

まだ僅かに残っている国産物は
国宝の建造物の補修等に使用されており
何年も先まで予約がいっぱいになっている状態なのだそうです。

そんな貴重な国産漆が、なんと私達が保全活動を行っていた里山で見つかりました。
以前、山を管理されていた方が大切に育てていたもののようです。

現在の山の持ち主に許可をいただき
漆のプロをお呼びして早速採取を行いました。

プロの正体は日本文化財漆協会の理事「竹内義」さんです。
里山のプロフェッショナルとして作業のご指導を受けているかたで
金精軒の山の先生といった方です。

竹内先生のお陰で200本の漆から50kgの漆を採取することができました。
国産の漆が間に合わず、補修ができないでいる国宝に使用されるのか
はたまた、新しい漆器に使われるのかは決まっていませんが
突如現れた山中の宝の山に大喜びの金精軒でした。

この日本には手入れを行う方がいなくなり、
放置されている山がたくさんあります。

そんな山の中にもしかすると今回の様な宝物が眠っているかもしれませんので
是非、山をお持ちの方は林業をされている方にご相談してみてはいかがでしょうか。

今回の話を切っ掛けに、少しでも多くの方が里山の手入れに興味がわき
保全活動の輪が広がれば幸いでございます。

大吟醸香る純白のカステラ

2019年 7月 2日 カテゴリ: 新着情報

金精軒のお土産の定番は、「生信玄餅」や「信玄餅」ですが、
お土産や贈り物にも嬉しい、金精軒の一風変わった「カステラ」はご存知ですか?

なんと、真っ白。
金精軒本店向かいにある、
寛延3年(1750)創業の老舗酒蔵「七賢」の大吟醸酒の酒粕を使用した
「粕てら(カステラ)」なのです。

日本酒の香りを引き立たせるため、卵白だけで焼き上げているのが最大のポイント。
開封した途端、日本酒のほのかな香りがふわっと広がり、
口に入れると、大吟醸酒特有のフルーティーな香りに包まれます。

食感はというと、しっとりふわふわ。
卵白を泡立て、メレンゲにして加えているので、
口当たりがしっとりとした繊細な舌触りに仕上がっています。

品のある控えめな甘さが、コーヒーや紅茶、お酒のおつまみにもぴったり。
冷やしていただくと、より風味が増し、
しっとりと溶けていくような食感になるのでおすすめです!

カステラ本体は、まるまる1本入っているので、
食べたい分をお好きなサイズに切り分け、お召し上がりください。

大吟醸酒の酒粕が入っているし、アルコール度数は高いんじゃない?
と、思った方、ご安心ください。

しっかり焼き上げているので、アルコール分は飛んでいます!!
お子様にも安心!
お酒好きの方はもちろん、
普段お酒を召し上がらない方にもお楽しみいただけます。

山梨のお土産や自分へのご褒美としてはもちろん、
お中元やお祝いのギフトとしても大変好評なお品です。

直営店舗のほか、ネットショップでもお買い求めいただけます(ギフト対応可)。

一味違う金精軒の「大吟醸粕てら」ぜひご賞味ください!

*老舗酒蔵「七賢」は、金精軒本店の向かいにございます。
 金精軒本店へお越しの際は、ぜひ合わせてご来店くだざい!

ページ上部へ戻る