新着情報

新着情報

金精軒 > 2020年 > 1月

冬のお菓子、チョコっと吟醸粕てらすく

2019年 11月 13日 カテゴリ: 新着情報

 

今、八ヶ岳の麓 標高千メートル付近が紅葉のピークです。

ドウダンツツジの真紅が眩しく、山のカエデの赤~オレンジ~緑のグラデーションと、

風に舞うカラマツの金色の葉。まさに「山粧う(やま よそおう)」です。

もう栗拾いは楽しめませんが、落ち葉をカサカサいわせてのお散歩もよいものです。

 

さて、今日は冬のお菓子「チョコっと吟醸粕てらすく」をご紹介いたします。

大吟醸粕てらを一口サイズにし、ホワイトチョコレートを染み込ませたラスクです。

 

 

 

 

 

これ。いったん蓋を開けてしまうと、ついつい手が止まらず><。。

 

個人的にとても好きで、 何度もリピート買いし、あっという間に完食しております。

冬の季節のお友だちへのちょっとしたギフト、実家へのお土産、と、よく利用します。

お茶の時間、のみならず、お酒にもとても合います♪

 

 

 

開発当初のこと。

大吟醸粕てらで、ちょっと焼色があって跳ね出しとなったお品を

食べやすいサイズにしてホワイトチョコに漬け込んでラスクにしてみたの。どうかしら。

 

弊社和菓子職人が 大きなブロック状のホワイトチョコを包丁でがりがり削っている様子、

市販の野菜水切り器にラスクをかけて、余剰のチョコレートを落としている様子、

試食したときの感想、 あぁ、なんと美味!!!

 

 

当時の美味しさはそのままに、今は正規の冬のお菓子として

ちゃんとラスク用に大吟醸粕てらを焼いて、作っております。

金精軒の直営店と、オンラインショップでお求めいただけます。

 

*冬のお菓子、「米ころん」も直営店とオンラインショップで販売中です。

 

韮崎店のお茶会参加者募集中です!

2019年 11月 4日 カテゴリ: 新着情報

 

■金精軒でお茶とお菓子を味わってみませんか?

 

和菓子が甘すぎて苦手な方は少なくありませんが

中でも上生菓子は、その甘さに理由があるのはご存じでしょうか。

 

 

それはお茶を美味しくするためです。

 

 

 

 

お菓子を食べると、

口の中に菓子の甘さや香りが残ります。

この甘さがお茶を飲んだ時に口の中で一体となり

お茶の旨味や香りを引き立てているのです。

 

フランスでは、様々な食べ物とワインを一緒に楽しむことを

マリアージュ(結婚)と言いますが

上生菓子とお茶は正にこの関係になります。

 

しかし、この素晴らしさを体験できる機会は少なく

折角の日本のマリアージュをご存じない方は多いのではないでしょうか。

 

そんなわけで金精軒ではお茶とお菓子の素晴らしさを広めるべく

定期的にお茶会を開いております。

是非、素敵な結婚式にご参加ください!

 

 

 

 

■開催日時と参加方法

 

今回のお茶会は

令和元年 11月23日(土) に2回行われます。

 

 午前の部 11:00~

 午後の部 14:00~

 

午前、午後共に15分程度のお時間を頂戴いたします。

 

また、開催場所は金精軒韮崎店になりますので

ご注意ください。

 

 

■ご参加方法

 

ご参加は予約制になります。

下記電話番号にご連絡いただき、

午前か午後のご希望時間と人数をお伝えください。

 

定員になり次第受付は終了いたしますが

空きがあれば当日の参加も可能です。

こちらの確認についてもお電話でお願いいたします。

 

金精軒韮崎店 0551-25-1033

受付時間 9:00~18::00

※火曜日が定休日ですのでお気を付けください

 

 

■参加費

 

大人1000円

高校生以下500円

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る