新着情報

新着情報

金精軒 > 2022年 > 4月

大切なお客様へ~くるみ信玄餅のパッケージも新しくなります~

2022年 3月 31日 カテゴリ: 新着情報, 金精軒からのお知らせ

平素より弊社商品をご愛用頂き厚くお礼申し上げます。

 

SDGs環境配慮の観点から、信玄餅に続き「くるみ信玄餅」のパッケージもリサイクル可能な紙素材のパッケージに変更いたします。

今後、さらに環境にやさしい素材が生み出され変わることを願っています。

 

これからも金精軒を御贔屓のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

「信玄餅5個入り」と「くるみ信玄餅10個入り」終売のご案内

2022年 3月 31日 カテゴリ: 新着情報, 金精軒からのお知らせ

いつも金精軒をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

弊社製品の「信玄餅5個入り」と「くるみ信玄餅10個入り」の終売につきまして、お客様皆様に謹んでお知らせ申し上げます。

 

弊社におきましては信玄餅各アイテムの整理・見直しを行ってまいりましたが、誠に勝手ながら「信玄餅5個入り」「くるみ信玄餅10個入り」の販売を2022年3月31日(木)をもって終了させて頂きます。
長い間ご利用いただき誠にありがとうございました。
引き続きお客様に愛されるお菓子作りに励んでまいります。

 

 

Kinseiken甲府駅店 4月の限定お菓子のご案内!

2022年 3月 25日 カテゴリ: 甲府駅店からのお知らせ, 新着情報

Kinseiken甲府駅店

4月の限定お菓子のご案内!

 

甲府駅店がある甲府近辺でも桜が咲き始め、

やっと春が来た~と嬉しくなります♪

 

そんな4月は春を感じていただけるお菓子を揃えました!

おやつにはもちろん、お花見のお供に、ちょっとしたギフトにもおすすめの

春のお菓子達に会いに来ませんか?

 

生どら焼き

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回ご用意する生どら焼きは(写真左から)

いちご・小倉生クリーム・モカチョコ

の3種類をご用意いたします!

 

オススメは“いちご” 。

中は白餡と生クリームを挟んでいますが、

ただの白餡ではないんです!

生どら焼き“いちご”に使用している白餡は丁寧に裏漉しをした

生の苺のピューレを練り込んだちょっとフルーティーな白餡なんです!

生クリームにもフリーズドライの苺を混ぜていて、

まさに苺好きのためのどら焼きです(´▽`)

 

また、季節限定のお味でもありますのでこの機会に是非オススメです。

※生どら焼きは4月中の1ヶ月間毎日ご用意する予定です。

 

桜どら焼き

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※4月1日から中旬までの限定販売

 

昨年も大好評だった“桜どら焼き”を

今年は上旬限定で販売いたします。

 

甘塩っぱい桜あんにフワフワなどら皮で

一口食べれば桜の風味が口いっぱいに広がります!

 

数に限りがありますので事前のご予約がオススメです。

 

 

こいのぼり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※4月16日から4月30日までの限定販売

 

3品目は鯉の焼き印がとっても可愛らしいお菓子です!

今年は中身をリニューアルし、金精軒自慢の粒あんと求肥を

小麦粉を使ったふわふわとした生地で巻いてあります。

 

パッケージも可愛らしく

節句のギフトに、お子さまのおやつに

ぴったりなお菓子です。

 

こちらも数に限りがございますので事前のご予約をオススメです。

 

甲府駅店ではお電話ではなく公式LINEから

ご予約を承っております。是非ご利用ください!

―Kinseiken甲府駅店―

~春のお彼岸~お家で作ろう!『おはぎの本』

2022年 3月 4日 カテゴリ: 新着情報, 金精軒からのお知らせ

3月18日(金)~3月24日(木)は春のお彼岸です。

今日は『おはぎの本』のお知らせ。

 

「昔はおはぎなんて買うもんじゃなかったなぁ」
この社長の一言がきっかけで製作されたこの本。

おはぎの本
昔はお百姓をしながら米をつくり、その一角でもち米をつくり、正月や年間を通してめでたい時にはお餅をつく。
家ではその時期になるとおばあちゃんが餡子を炊き子供たちは特別な甘いものや季節の移ろいを感じ、それは映画「ALL WAYS三丁目の夕日」のような懐かしく平和な風景だったんだろうなと感じます。
そんな風に和菓子は昔から日本人の日常にあったのですね。

おはぎ

毎月何かしらの祝いがある事で人はメリハリを感じ、次の行事のためにせっせと働きその中に幸せを感じていたり。
きっとモノに溢れた便利な今よりも、幸福感が高い日常だったんだろうと思います。

家族の団欒やコミュニケーションが画面を通してや音声だけになる中、便利を味わってしまった私たちは何を選択していくのか問われているようです。

 

この『おはぎの本』には、金精軒と同じ材料が含まれています。

糯米、北海道産十勝小豆、鬼ザラとよばれるザラメ、本にはおはぎを作る工程や和菓子の基本などがかいてあり、内容に沿って作るとおはぎが12個ほどできます。

そしてこの本には、〜本当の美味しいお菓子とは?〜という本質を含ませていますので、家族で作りながら何かを感じていただければ嬉しいな・・・。

 

家族のために、家族が作るお菓子が何よりも価値があり美味しいこと。

 

お彼岸におはぎを食べる風習が消えてしまわぬように、日々和菓子屋の生業に精進する所存です。

『おはぎの本』は店舗又はオンラインショップでご購入できます!(甲府駅店は販売しておりません)

ページ上部へ戻る