新着情報

新着情報

山梨のお盆はもちろん安倍川餅!

2018年 8月 10日 カテゴリ: 新着情報

 

■安倍川餅ってなあに?

 

安倍川餅はお水、またはお砂糖などを少量入れ

柔らかく搗いたお餅に黒蜜やきな粉をかけて食べる…

 

 

静岡県の食べ物です!

そうなんです。

安倍川餅は静岡で甘い味付けで食べる

お餅の一種なんです。

 

静岡県では丸く形成したお餅に

きな粉や餡子をまぶして、

冬などに食べるおやつとして知られています。

 

 

 

■なんで山梨で静岡のお菓子が?

 

そんな静岡の安倍川餅は

山梨の北部でおぼんに食べる

ありがたいお供えとして根付いています。

 

山梨が貧しく、ろくな作物が採れなかったころ

男たちの多くは

出稼ぎや丁稚のため、静岡に行きました。

 

出稼ぎから帰ってこられるのはお盆と正月の2回のみ。

 

そんな年に数回家族と会え日だからこそ

静岡の美味しい物を持って帰ってやりたい!

 

そんなわけで、お餅がごちそうだった昔の山梨北部に

静岡の安倍川餅を特別な日に食べる風習が育ったのです。

 

 

 

■現代の山梨と安倍川餅

 

現代の山梨でも安倍川餅を食べる風習は残っており

餅屋である金精軒には夏になるとたくさんの注文が届きます。

 

 

 

しかし、山梨で育まれた安倍川餅は

静岡のそれとは違い、

四角いお餅に黒蜜をつける食べ方になっています。

 

静岡の方に見せると

安倍川餅ではないと言われてしまうかもしれません。

 

 

■金精軒では8月13~15日に販売します

 

そんな山梨の安倍川餅は

今年のおぼんである13~15日に販売します。

5枚入が500円、10枚入が1000円で

台ケ原店と韮崎店にて販売されております。

山梨の風習をどうぞ味わってみてください。

 

 

 

 

 

 

第16回 台ケ原宿市 が開催されます!

2018年 8月 9日 カテゴリ: 新着情報

 

 

■今年も台ケ原宿市が開催されます!

 

金精軒は山梨県北杜市白州町の

「台ケ原」という地域にお店を構えております。

 

この台ケ原は以前宿場町だった場所で

新潟から江戸にお米を運んでいたルートでした。

そのため、山中のど真ん中にある田舎町なのにも関わらず

素敵な木造の家々が残っている素敵な街道として有名です。

 

そんな台ケ原で大きな市を開くのがこのイベント

「台ケ原宿市」になります。

 

普段は静かな田舎町に何千人のお客さんがいらっしゃるお陰で

なんと16回目を迎えることとなりました。

 

 

 

■何が買える市なの?

 

台ケ原宿市は野菜や魚などを販売する食品市ではなく

骨董品や手作りの雑貨などがならぶ市になります。

 

 

 

素敵な生活用品が大半で

ご自分の部屋のインテリアに凝っている方は勿論、

仕事机にに木彫りのペン立てを置きたい方、

お手洗いやレジ前に雰囲気のある小物を置きたい飲食店のオーナーさんなどなど

生活の中のちょっとした小物を趣きのあるものに変えたい方が

ぶらぶらとウィンドウショッピングを楽しみます。

 

 

 

 

 

■イベントの詳しい情報は?

 

開催時間等は以下の通りです!

 

 

 

■駐車場や会場への移動方法は?

500台ほどの駐車スペースが確保してある他

最寄りの駅からの直通バスも運行しております。

 

 

 

金精軒もお餅搗きやかりんとう饅頭の販売等で

開場を盛り上げますので是非来てくださいね!

「琥珀糖ミント」販売中です

2018年 7月 14日 カテゴリ: 新着情報

 

■金精軒は夏が得意な和菓子屋です!

 

一般的な和菓子屋さんは、比較的夏が暇な時期になります。

水ようかんなやあんみつなど、夏の和菓子はあるものの

暑い季節にお饅頭を食べる方はやはり少ないからです。

 

そんな和菓子業界とは真逆なのが金精軒です。

夏は山梨の観光が盛んになることも重なり毎日が大忙し!

そのため、夏のお菓子の種類も豊富になりました。

 

そんな金精軒人気の夏菓子の中で

最も新しいメンバーが「琥珀糖ミント」になります。

 

 

 

 

■琥珀糖ミントはお干菓子です

 

一見すると四角い飴に見えますが

これは和菓子の「干菓子」に属するお菓子で

「琥珀糖」と呼ばれています。

 

 

寒天で作った固めのゼリーを乾燥させたものですが

「ゼリーを乾燥」と言われても

ピンと来ない方が殆どなのではないでしょうか。

 

砂糖をしっかりと入れて作った寒天ゼリーを少しずつ乾燥させていくと

溶けきれなくなったお砂糖が表面で結晶化し

砂糖の鎧をまといます。

 

※乾燥前の小さく切った琥珀糖です

 

そのため、表面はサクサクとした飴なのに

中はぷるりと弾力があるゼリーのままになった不思議なお菓子になります。

これが琥珀糖です。

 

この琥珀糖に夏らしいミントの香りを付けたのが

金精軒の琥珀糖ミントになります。

 

冷凍庫でキンキンに冷やすのがおすすめです!

 

 

■販売先

金精軒台ケ原店、韮崎店の2店舗になります。

随時製造しておりますが、

売り切れの場合が多いためご注意ください。

金精軒にまたまたアイドルがご来店!

2018年 6月 29日 カテゴリ: 新着情報

 

 

■どんな理由があってアイドルさんが金精軒に来るの?

 

山梨県はワインや果物、ゆるいキャンプ地など

全国に誇る素晴らしい物が溢れた場所ではありますが

まだまだ知名度が低く

良さを知られていない食べ物や場所がたくさん残っております。

 

そんな山梨県の素敵な物を

アイドルの皆さんにアピールしていただいている催しが

この「アイドルマスターSideM×山梨  理由あって山梨」になります。

 

地味な山梨と不釣り合いとも思えるこの催しですが

良さを沢山の方に知ってもらいたい気持ちは

アイドル活動と通ずるものがあり

毎年ご好評をいただいております。

 

 

そして、そんな山梨の美味しい物のひとつとして、

私達のお菓子をご紹介いただくことになった運びでございます。

 

 

 

■どんなアイドルさんが来るの?

 

山梨県がお迎えしているのは

315プロ様に所属されている男性アイドルの皆さんです。

 

山梨出身の冬美旬さんを始め、

合計14人の方々が山梨各地でお客様をお迎えいたします。

 

催しの開催期間、場所など

詳しくは公式ホームページでご確認ください。

http://www.imas-yamanashi.com/

 

そして私達金精軒には

私たちの2店舗にお二人ずつ

合計4名のアイドルさんにご来店いただいております。

 

 

 

■金精軒台ケ原店

 

信玄誠司さん

 

私たちが作っているお菓子「信玄餅」と

お名前の繋がりがある御縁で

誠司さんには毎回ご来店いただいております。

 

 

 

兜大吾さん

 

 

広島ご出身で

笑顔が素敵な大吾さんにもご来店いただきました。

 

 

誠司さんも大吾さんも、

笑顔を信条にご活躍されている

非常にハートフルな方々です。

 

甘味とアイドルは人を笑顔にできる魔法だと

お二人から学ばせていただいております。

 

 

 

 

■金精軒韮崎店

 

秋月涼さん

 

 

漫画の神様、手塚治虫先生の代表作のひとつ「火の鳥」は

様々な時代、様々な主人公が活躍する何本ものストーリーの中に

作品テーマの象徴である火の鳥が必ず登場し

複雑なストーリー同士を大きな流れを持ったひとつの作品としてまとめ上げています。

 

涼さんはその火の鳥のような方でいらっしゃいます。

 

御仁のこれまでのアイドル活動を何度もお聞きしましたが

新しいご自分の姿を求めて立ち上がる

涼さんの素晴らしいご活躍を間近で感じられること

誠に光栄でございます。

 

 

 

卯月巻緒さん

 

 

ご来店される全ての方へ対して

同じように接することを常としている私達ですが

時には緊張の中ご対応してしまう事もございます。

 

「お菓子好き」なお客様へのご対応です。

 

巻緒さんご本人は威圧感などかけらもない

明るい笑顔の素敵な方ですが

だからこそ、この笑顔のまま帰っていただきたいと

気を引き締めております。

 

火の鳥と海原雄山がご来店された韮崎店の

精一杯のおもてなしをどうぞご堪能ください。

 

 

 

 

■今年もコラボ商品がございます

 

この催しでは毎回、

私共のお菓子をアイドルさんのイメージカラーであしらえた

お包みで仕上げたコラボ商品の販売も行っています。

 

今年は私共の看板商品、「信玄餅」を巾着にお入れしました。

是非、召し上がってみてください。

 

販売は専用の下記受付サイトかからのご注文になります。

私達のお菓子の他にも

山梨の素敵な物がたくさん販売されておりますので

どうぞご覧になっていってください。

https://www.ddtown.jp/item/0007/IM0020601/

 

 

 

■プロデューサー様へ

 

本来、私たちは

お客様並びにプロデューサー様の皆さんへ

お喜びをご提案させていただく立場でございます。

 

その私たちが315プロ様を通して

喜びを感じて仕事に務められるのも

プロデューサー皆様のお力のたまものでございます。

ここだけでのお礼では到底足りることではありませんが

本当にありがとうございます。

 

この御恩が少しでも

皆様が作り上げるステージの輝きを増すお力になるよう

尽力させていただきますので

どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

 

そしてご視察にいらっしゃる皆様は

どうか道中お気を付けてご来店ください。

 

今年も青大豆の種まきを行いました

2018年 6月 7日 カテゴリ: 新着情報

 

■お菓子屋さんが何故種まきを?

 

金精軒は自然の恵み溢れる山梨県北部の北杜市でお菓子作りを行ってきました。

 

 

この地域は非常に水が美味しく、

その水で育つお米、作物なども自慢の美味しさです。

 

この世の中には、美味しい材料がたくさんありますが

「美味しい水」と「その水で育った作物」との相性は抜群で

このふたつが合わさることで

その土地独自の美味しさにに変化します。

 

この地域の水を使ったお菓子に最適な材料を手に入れるため

私たちは今年も農作業を行っております。

 

 

■青大豆ってどんな大豆?

 

一般的な大豆は、

成長中は緑ですが、熟して固い豆になると黄色く変化します。

 

青大豆は、固い豆になっても緑色が残ったままの大豆です。

 

 

色よりも違いがあるのがやはり味です。

青大豆は甘みが強く、油分が少ないため和菓子には最適な材料です。

 

病気に弱く、手で摘み取らないと収穫できないなどの理由で

生産する農家さんの数が減っているのが現状です。

 

 

■どんなお菓子に使っているの?

 

青大豆の殆どは、きな粉になります。

金精軒で使用する全てのきな粉を青大豆にすることはできませんが

生菓子に振りかけるきな粉などに使用しております。

 

 

その深い甘みを是非感じてみてください。

1 / 3412345...102030...最後 »
ページ上部へ戻る